薬剤師が辞めたいパターン

人間関係より大切!病院薬剤師の給料の悩みの解決策は1つしかない!

 

薬剤師の世間のイメージとして「安定している」「賢そう」「お金がありそう」という良いイメージがありますが、実はどれも大したことありません。

 

特に病院薬剤師の中には月給の手取りが20万円そこそこの薬剤師も少なくありません。

しかし一方で月に50万円をもらっている薬剤師もいる中で、他人とくらべてしまう薬剤師も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は給料が安い事が悩みでありながら、その居心地が良いために転職に踏み切れない病院薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

給料安くて病院薬剤師を辞めたいIさん

【年齢】27歳
【職場】病院
【年収】320万円
【休み】普通
【人間関係】良い
【家庭】なし

薬剤師I
薬剤師I

大学を卒業して地元の私立病院に就職した。

大学時代の先輩の中には人間関係に病んでしまい、仕事を辞めたいと嘆いている人もいたので自分もすごく不安で仕方なかった。

しかしいざ仕事を初めて見ると周りのスタッフもすごく良い人ばかりで、ゼロからの自分にすごく丁寧に指導してくれる。

もちろん間違いはしっかり指摘されるが、それで人間関係がこじれる事はなく毎日がすごく充実している。

しかし問題な点が1つ。

それは給料が安いという点だ

今はまだ独身でお金もそこまで必要ではないが、同期の薬局に就職した友人の給料を聞いて驚いている。

それに今の給料ではいざ家族が出来た時などはとても養っていける状態ではない。

この際給料の良い所に転職しようか迷っている。

給料が安い薬剤師が悩む理由

あなたが今悩んでいるのはある事が原因です。

それは今の環境の居心地の良さになります。

 

もしあなたの職場が「給料が安くて人間関係が最悪」であるならば、あなたは今こんなに悩む事はないでしょう。

薬剤師に限った話しではありませんが、働く上で一番大切なことはやはり職場の人間関係。

 

おそらく今のあなたの職場はその問題はなく居心地がいいために、辞めることを躊躇してしまうのではないでしょうか。

するとあなたは自分に「転職しなくていい理由」を次々と考えてしまいます。

お世話になった職場を捨てお金を選ぶ事に引け目を感じている
転職先の人間関係が悪いかもしれない
今はお金が必要ではないからこのままでいいかも

おそらくこれらの事を考えて「やっぱり転職しなくていいや」もしくは「いずれは転職するかもしれないけれど今じゃなくていい」と考えてしまうのではないでしょうか。

薬剤師がお金を求めてもいい

もしあなたが公務員の薬剤師であれば最初給料が安くても問題ないと思いますが、おそらく今のあなたの職場では昇給の見込みや将来の給料に希望を見出す事が出来ないのは明白です。

 

では今のあなたの給料の悩みを解決するには今の職場にいる限りは永遠に改善される事はありません。

今後病院経営も厳しくなっていきますし、薬剤師のみ給料の昇給スピードを上げる事はほぼ考えられません。

 

それに多くの薬剤師が「お金よりやりがいを重視すべき」と考えていると思うかもしれませんが、これは大きな間違いになります。

むしろ優先順位としてはお金がトップであってもおかしくありませんし、それを責めるのはお門違いです。やりがいでご飯は食べていけません

 

そして確実に言える事はあなたはほぼ99%間違いなくお金の問題で今の職場を転職します。

するとそれが早いか遅いかの話しであり、それならばあなたの生涯年収を考えた場合に、なるべく早く転職するに越したことはありません。

 

ただ今あなたが抱えている問題は今のお世話になった職場の人との関係

全くのゼロから育ててくれた周りのスタッフには感謝しきれない程の恩を感じているのではないでしょうか。

 

しかし仮に今の職場を辞めたからと、そのスタッフと接見禁止されているわけではありませんし、あなたが自分の道を選ぶことに対してそれを批難される事はありません。

ですから今の職場を退職したとしても決して繋がりは切れる事はないでしょうし、あなたの事情を説明すれば決して恩を忘れてお金に走ったと思われる事もありません。

辞めた前後のフォロー次第であなたへの印象は大きく変わるはずです。

転職先の人間関係が不安な場合

もし転職して給料が上がるのは良いが人間関係が最悪ならばどうしようと思うのはすごく自然な事だと思います。

 

しかし未知の人間関係を悩んで転職をためらっても全く意味がありません

 

これを恐れて前に進めないのであればおそらくあなたは今後も周りの環境のせいにして、自分で自分の道を決めることができない人間になるでしょう。

転職するのは勇気が必要です。

そしてあなたに足りないのは転職する勇気。

 

最悪転職先の人間関係が最悪だとしても、また転職すればいいだけの話しです。何の問題もありません。

今すぐ転職しなくていい

しかしいくら転職することを勧められても、あなたはきっとすぐに行動に移す事はありません。

おそらくあなたが転職を考えるのは転職が必要になった時ではないでしょうか。

しかしそれでもいいと思います。無理に今転職する必要もありません。

 

転職する踏ん切りがつかないのも問題ありません。必要になったら転職すればいいんです。

あなたは転職することを大きな事だと考えているかもしれませんが、第三者にとっては非常にどうでも良い事であり、それにあなた自身にとっても実は大したことではありません。

 

大切な事はあなたが自分が動きたい時に動けるかどうか。

今はまだその必要性はないかもしれませんが、時が来たら即座に動きましょう。

給料が安い薬剤師への最終結論

薬剤師が給料を選んで転職する事は全く悪い事ではありません。

今の職場のスタッフに引け目を感じる必要はありません。退職後も本当に大切な人とは繋がっているものです。

そしてあなたが動くタイミングも無理に急ぐ必要はありません。かならず何かしらのタイミングがあるはずなので、その時を待ちましょう。

むしろ最悪な事は色んな事を理由に自分自身に「辞めてはいけない」と暗示をかけてしまうことです。

 

繰り返しになりますが転職なんて本当に大したことではありません。

 

そしてそんなあなたにぜひ体験して欲しいことは、本当に年収の高い職場で働くという経験です。

今のあなたの悩みを解決するにはお金しかありませんし、それが正しかったのかどうかを判断するのも一度給料の良い所で働いてみる以外にありません。

 

ですからあなたには一度給料を100%重視した職場を探してみてください。

あわせて読みたい
高額薬剤師求人
薬剤師の高年収転職は年収1000万より○○を探すべき!! 薬剤師が転職する時に一番真っ先に目にする条件が年収ではないでしょうか。 もし休み重視で職場を探したいという薬剤師の人も、同...

 

その際のおすすめの転職先の探し方は「年収900万円」の求人になりますので、ぜひ一度参考にしてみてください。