薬剤師の恋愛・婚活

薬剤師は結婚相手としてどうなの?モテる訳ではない本当の理由

 

薬剤師として働いていると「薬剤師は結婚相手としてどうなのか」と気になる男性薬剤師・女性薬剤師の方も多いと思います。

 

薬剤師は一般的なイメージとして

賢そう・清潔感がある・お金を持っている・パートナーとしては最高

と言う口コミもよく目にしますが、実際には結婚したくても結婚できない薬剤師も少なくないため、本当の所はどうなのか分かりませんよね。

 

そこで今回は薬剤師の結婚事情、そして結婚願望がある薬剤師が結婚したい時にやるべき事を3つ紹介していきたいと思います。

 

薬剤師の結婚事情について

まず気になるのが薬剤師の結婚事情になると思います。

しかし残念ながら薬剤師の結婚率を調べた調査が存在しませんでしたので、ここでは世間一般的な結婚事情や同じ医療職の結婚率を紹介していきたいと思います。

 

2015年に行われた国立社会保障・人口問題研究所調査によると

生涯未婚率は男性が23.37%、女性は14.06%となっているそうです。

引用:生命保険文化センター

※ちなみに生涯未婚率とは50歳まで一度も結婚したことがない人の割合を示すものです

 

そして次は結婚した年齢についてですが、こちらはアニヴェルセル総研が全国の20代〜40代の既婚男女618人に「結婚した時期&結婚した年齢のメリットデメリット」を調査した結果によると、最も結婚した年齢が多いのが26歳~34歳となり、35歳以上となると10%とかなり少なくなります。

引用:「結婚適齢期」って何歳?結婚した年齢別、メリットとデメリットをぶっちゃけ!

 

では今度は同じ医療職でも諸々トップに君臨する医師の結婚事情についてみていきます。

2018年エムスリーキャリアによる30~49歳の医師616人を対象とした調査によると以下のような結果になっています。

未婚の男性は8.2%、女性は24.5%

引用:医師、4割が「29歳以下」で結婚

 

また結婚した年齢層で最も多い年齢層を男性・女性別に見てみると

男性の場合は29歳以下・30~34歳

女性の場合は29歳以下

が最も結婚している層が多い年齢となっています。

 

この調査を見てわかる事は医師は世間一般的な婚姻事情と比較して、男性医師の婚姻率は高く、かたや女性医師の場合は低いということ。あとは年齢的なものは特に一般的な婚姻事情と変わらないと言えます。

 

では肝心な薬剤師の結婚事情ですが、おおよそ世間一般的な結婚率とそう変わらないのではないと思います。

つまり薬剤師が結婚するのであれば35歳未満が大半でそれ以上の年齢になると結婚率はガクッと下がり、生涯未婚率は男性薬剤師の場合は約25%・女性薬剤師の場合は約15%程度に収束するのではないでしょうか。

ただし薬学部は6年生であり、大学浪人・留年・国試浪人は今の時代珍しい事ではありませんので、結婚年齢は他と比べて若干高めである可能性があります。

 

薬剤師は結婚相手としてはどうなのか

薬剤師は結婚相手としては申し分ありません。

今の時代にもっともニーズがあるのはやはり「安定」になりますので、薬剤師と言う職業的にはそのニーズを満たしていると言えます。

 

しかしだからと言って薬剤師がモテて結婚率が高いのかと言えばそんな事はありません

 

なぜなら薬剤師は確かに安定しているかもしれませんが、それだけでモテたり結婚相手として人気が高い訳では決してないからです。

 

確かに薬剤師は一般的に見て給料面や求人数を見た時に安定していると言えますが、世の中の生涯年収で言えば決して高いわけでもなければ、勤務薬剤師ではある程度年収の上限が決まっており、また比較的マイナーな職業であるため薬剤師をわざわざ結婚相手のターゲットにする人はそう多くありません。

つまり薬剤師は結婚相手として見ると良い条件が揃っているかもしれませんが、だからと言ってモテたり結婚相手として需要が高いわけではないという事です。

結論としては薬剤師であることのアドバンテージがあると思っているのは薬剤師だけ

結婚願望があるならばそれなりに努力する必要があるという事です。

 

薬剤師が結婚したい時にやるべきこと

では実際に薬剤師が結婚したいと思った時に何をやるべきか・やってはいけないのか紹介していきます。

出会いの場に積極的になる

薬剤師は仕事柄出会いが少ない人も多く、また必要に出会いを積極的に求めない人も多いです。また仕事が忙しいを理由に自ら出会いの場から遠ざかり、がっつくのは良くないと距離を置いてしまっている人も少なくありません。しかしこれは大きな間違いです。

「結婚は運とタイミング」とよく言われますがそれは出会った後の話しになります。

女性薬剤師
【超リアル】女性薬剤師がモテそうでモテない現実女性薬剤師は客観的に見てモテる訳ではありません。他の職業に比べても人気が高いわけではありません。ただし女性薬剤師がモテるという結果のサイトもあります。...

 

もしあなたが本気で結婚を望んでいるのであればとにかく出会う人数を増やす事が最重要課題になってきます。合コンでも街コンでも構いません。とにかく出会いの場に積極的になりましょう。

 

無駄な恋愛はしない

出会いの場が増えると色んな人と出会うと思います。

ただその時に十分気を付けておかなければならない事が無駄な恋愛は極力避けるという事です。例えばいいなあと思っていた人が実は既婚者であったり、彼氏彼女の関係になっても結婚に関しては口だけで、全く前向きではないケースなどです。

探すべき相手は結婚を前提に付き合う事ができる相手。これ以外に寄り道をして、結果時間を浪費する事だけは避けましょう。

 

20~30代薬剤師の金銭的メリットを利用する

薬剤師は生涯年収は決して高くはありません。

むしろ世間一般的な大卒サラリーマンと比較すると同程度かそれ以下となります。

しかしそんな薬剤師のストロングポイントは初任給が他の職種と比べて抜群に高いという事です。特に20代や30代前半では周りと比較してもかなり有利と言えるでしょう。

つまり結婚適齢期にいる薬剤師はお金を使ってその魅力をアピールする事が可能となります。もちろん過度に収入が安定しているアピールをする必要はありませんが、ある程度のアピールは非常に効果が高いです。なぜなら薬剤師と言う職業自体があまり知られていないために、それが有利に働くのが20代30代の薬剤師の収入になるためです。

 

薬剤師の結婚について

今回は薬剤師の結婚について紹介してきましたが、決して結婚を推奨するものではありません。

そもそも結婚する事は幸せではないかもしれませんし、結婚しない事は不幸ではありません。

 

ただし今回紹介した通り、薬剤師に限った話しではありませんが35歳を超えると未婚率は格段に上がるということ、そして薬剤師だからと言って特別にモテるわけでもなければ結婚に有利と思っているのは間違いだという事。

この2つを忘れてはいけません。

 

ですからもし結婚する選択肢を選ぶ人は「いつか」ではなく「今」行動する必要があります。そして幸いなことに20代30代の薬剤師は安定した収入と言う強い武器がありますので、それを有効活用し最大限利用しましょう。

ただし高い給料を貰っていてもそれを全額貯金に回すのであれば出会いの場にお金をかけたり自分への投資に充てることをおすすめします。残念ながら薬剤師の中途半端な年収では預金通帳を自慢するほどのものではありません。