薬剤師のお金事情

病院薬剤師はよくて年収700万円!やりがいだけ求めるとヤバい!?

 

薬剤師の初任給が高い事が度々話題になることもありますが、一方で病院薬剤師の給料は低いです。しかし病院薬剤師として働くことのやりがいや勉強できる環境であることを理由に、一部の病院は確かに人気があります。そしてもちろん人気のない病院も多々あります。

 

ただやりがいを理由に病院薬剤師を選んでしまうと自分で選んだ道だからと言って、給料に不満があっても中々辞める事が難しくなってしまう事も少なくありません。

 

そこで今回は病院薬剤師が給料を無視してやりがいだけを求めると後悔する可能性があることについて触れていきたいと思います。

将来病院薬剤師を希望している人、これから病院薬剤師に転職しようとしている人、現在病院薬剤師だけど給料が安くて困っている人などはぜひ参考にしてみてください。

 

病院薬剤師の年収はリアルに低いため覚悟が必要

病院薬剤師の初任給は低いが昇給も低い

病院薬剤師の給料の特徴として「初任給が低いが昇給も高くない」と言う事が挙げられます。

例えば現在調剤薬局やドラッグストアの新卒薬剤師の募集は初任給が30万円を超えることも珍しくなく、また一部のドラッグストアの初任給が600万円と言う事でも話題になりました。

 

しかし病院薬剤師の初任給の場合、まず30万円を超える給料を貰える職場はありません。良くて20万円後半の職場が大半です。そして初任給が低いからと言って定期的な昇給の額が高いわけでもなく、また役職手当も一般的なサラリーマンほど細かく厳密にある訳でもありませんので、病院によっては役職手当を貰うためには数年~数十年働く必要が出てきます。

まれに年収700万円まで可能な病院薬剤師の求人もありますがはっきり言ってかなりレアです。特に初任給から年収700万円は激レアになります。

 

平均年収は大卒と変わらない

病院薬剤師に限った統計的な平均年収を算出できるデータはありませんが、薬剤師の転職サイトに掲載されている病院薬剤師の求人を見てみると病院薬剤師の年収は350~500万円が相場だと思います。

そしてそうなると実際4年制大卒の平均年収と大して変わらないと言ってもいいでしょう。

ただ日本人の平均年収が440万円であることを考えると、病院薬剤師の給料は確かに高くありませんが全職種の平均並みです。実際には同じ病院薬剤師の中でも給料格差があるのが現状と言えるのではないでしょうか。

 

他の医療職の方が高いこともある

薬剤師は同じ医療職の中ではなるまでにコストがかかる職業です。大学を卒業しないとなれませんし6年間通う必要があります。私立ならば6年トータルで1000万円の学費を超えるのが普通です。

しかしいざ病院に就職して見ると看護師や放射線技師などの他の医療職よりも給料が低い場合があります。

他の職種と給料を比べる意味がないとは分かっていても、せっかく6年間「時間」と「お金」をかけてなった薬剤師になのに、何だかむなしくなってしまう気持ちになる瞬間がある人も多いでしょう。

 

病院薬剤師でも高い給料を貰う方法もある

そんな病院薬剤師ですが、やりようによっては病院薬剤師でも高い給料を貰えるケースもありますので紹介していきます。

実績を作って評価してもらう

病院薬剤師は病棟業務を行ったり、専門的な指導を行うことで点数を算定する事ができます。つまりそれだけ薬剤師が働くことで言葉は正しくないかもしれませんが病院の売上に貢献することになります。

ですから病院薬剤師としての役割を十分に発揮し患者に貢献し、そしてその分を還元してもらうのも手段の1つです。

 

しかしこれまで実績がない病院でイチから実績を作っていくのはそう簡単な話しではありません。今の制度上、病院薬剤師が加算を算定できるには少数の薬剤師では難しい加算ばかりで、おまけに実績がないと加算の算定条件を満たせないものも少なくありません。

また薬剤師の評価がそのまま給料に反映される可能性は決して高くはありませんので、実際はあまり現実的ではありません。

 

公務員薬剤師として働く

病院薬剤師は初任給が低く昇給も低い事が問題になりますが、公務員薬剤師ならばこの問題をクリアできます。

 

まず初任給こそ高くはありませんが、安定的な昇給や多額の退職金を考えれば公務員薬剤師でも十分の収入を得る事ができます。また福利厚生が充実しているのも大きなメリットになるでしょう。

現在都市部はそこそこ高い給料の病院薬剤師募集もありますが、地方の病院薬剤師の給料ははっきり言ってかなり低いです。しかし公務員薬剤師ならば地方でも十分高い給料になります。

もし自分は病院薬剤師で頑張りたいと考える人はぜひ公務員薬剤師を考えてみてください。ただ安易に「給料」と「安定」だけで公務員薬剤師を選んでしまうと後悔する可能性も十分あり得ますので気を付けましょう。

公務員と薬剤師の働き方と年収の比較
薬剤師が公務員を年収と安定で選んではいけない2つのデメリット 公務員は男女ともに非常に人気のある働き方です。 また医療従事者の中でも公務員の看護師として働くことは非常に人気が高いです。...

 

残業が少ない所に勤めて副業を行う

病院薬剤師としての給料が安いならば副業をして給料を補うのも1つの手段です

例えば残業の少ない職場ならば平日に3日だけ調剤薬局やドラッグストアでバイトをしたり、週末だけガッツリバイトをするのもいいでしょう。

ここでのポイントは副業と言っても色んな副業がありますが、せっかく薬剤師免許があるならば薬剤師として副業するのがもっとも手っ取り早く稼ぐことができますし、薬剤師として多面的な見方ができるため色んな経験ができるメリットもあります。

薬剤師の副業やダブルワークのやり方
薬剤師が副業で年収プラス80万円稼ぐ現実的な方法薬剤師が副業する機会も今後増えてきます。しかし会社が副業を認めているか分からない場合や禁止されている時にはどうすればいいのか?どんな副業をすべきか、どうやって副業を探せばいいのか悩む人も多いですよね。そんな人の悩みを解決します。...

病院薬剤師でも給料とやりがいのバランスをとるべき

やりがいだけで病院薬剤師を選ぶのも悪くない

「薬剤師がやりがいをもって働くこと」と「生活のために働く」この2つを切り離して考える薬剤師もいるかもしれませんが、この2つは互いにバランスをとらないと上手く生きていく事はできません。

これはあなたが生きていく上で環境が変わったり考え方が変わったりするためある種必然的なことでもあります。

たとえば「薬剤師になって直ぐは病院薬剤師として勉強する。給料は二の次」と考えていても結婚して子供ができればやはりお金が必要と考える場合もあるでしょう。

逆に「給料重視で就職した職場では勉強できない」と考えて心機一転病院薬剤師に転職することもあると思います。

ですからあなたのその時々のワークライフバランスを考えて働けばいいんです

それをバランスを欠いて「自分の薬剤師生活はこうあるべきだ」と固定してしまうと非常に生きづらいことになってしまうでしょう。

 

周りと比べてしまうのは仕方ない

いくら「給料は関係ない」と考える薬剤師でも自分の給料を見つめ直す瞬間がやってきます。

その瞬間が最も多いのは他の薬剤師の給料を聞いてしまった時です。

 

特に同年代の薬剤師の給料を聞いて、もし自分の給料が下手したら100万円以上も安いと知った場合には、いくら給料は二の次と考えていたとしても意識せざるを得ないと思います。

もちろん「そんなの関係ない」「自分はやりたいことをやっている」と言う人もいるかと思いますし、それでも全く構わないと思います。しかし周りの薬剤師の給料に対して引き目を感じてしまうこともあるかと思いますが、それは自然なことなので悩むくらいならば行動することをおすすめします。

中には信じられない給料を貰っている薬局などもありますが、それは「例外」として考えることも大切です。

 

給料が高くなくても普通を求める

病院薬剤師で高い給料の職場を探すのは難しい場合が多いですが、これを「高い年収」ではなく「普通の年収」に目線を落として考えるとそこまでハードルは高くありません。

地方で病院の薬剤師求人が少ない所は選択肢自体がない場合もありますが、病院薬剤師の求人が中程度以上ある場合には薬剤師転職サイトを利用して随時チェックしていれば決して高い年収でなくても年収500万円超えの給料ならば探す事は十分可能です。

 

お金目的で転職して失敗する事も当然ある

ではもしあなたがお金目的で病院薬剤師から調剤薬局に転職したとしても「やっぱりなんか違う」「周りの薬剤師と合わない」と感じてしまい、結果的に転職が失敗してしまう可能性もあります。

しかしこれは何も珍しい事ではなく単純に病院薬剤師から高い給料を求めて転職すると失敗する可能性は低くはありません

 

そもそも薬剤師の場合無策で転職すると失敗するリスクがあるものなので、より高い給料を求めて転職するとさらにそのリスクは高まってしまいます。

楽な薬剤師の職場
薬剤師が給料が高くて楽な職場に転職する方法 今回は薬剤師が楽な職場でおまけに給料の高い職場に転職する方法を紹介したいと思います。 薬剤師の中には「バリバリ仕事をして給...

特に病院薬剤師と薬局薬剤師やドラッグストア薬剤師が行う仕事は同じ薬剤師と言えども種類が異なる仕事になりますので、もし病院薬剤師を辞めて転職を考える場合にはしっかりと戦略を持って転職するようにしましょう。

仮にそれで「やはり病院薬剤師が良い」と考えて病院薬剤師に戻るのも全く問題ありません。私の周りでも病院⇒薬局⇒病院と転職している人は何人もいます。